2018年12月12日水曜日

北海道、鉄道のあゆみ

~今だからこそ、その魅力を探る~

講座内容
 北海道の最初の鉄道は開拓使により明治13(1880)年1月、小樽市内の若竹
第3隧道(トンネル)から着工され11月28日、小樽・手宮―札幌が開業。
さらに明治15(1882)年には幌内に延長され、幌内鉄道全線が開業しました。
その後、北海道炭礦鉄道会社(北炭)が設立され、炭鉱と鉄道が民営化されました。
明治39(1906)年鉄道国有法が成立し国鉄へ。 
しかし累積赤字が社会問題となり、
昭和62(1987)年4月1日にJR各社に分割・民営化されました。 
地方路線の存続問題や新幹線の延伸など、
岐路に立たされている今こそ北海道の鉄道の歴史を振り返り、
鉄道の魅力を知りながら皆さんと地域活性の道を探りたいと思います。

場所 第1講~第3講 札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2階中研修室1
   14:00~16:00
   第4講     北5条東13丁目 北海道鉄道技術館、JR北海道苗穂工場  
   13:30~15:30
 

第1講 3月 6日(水曜日) 「義経号・弁慶号」から「はやぶさ」まで
    講師 小樽総合博物館学芸員  佐藤卓司
第2講 3月13日(水曜日) 写真と新聞記事から読み解く函館本線の歴史 
    講師 元北海道新聞常務取締役 原田伸一
第3講 3月20日(水曜日) 海峡の鉄路 青函連絡船が果たした役割
    講師 元北海道新聞常務取締役 原田伸一
第4講 3月23日(土曜日) 現地学習 (北海道鉄道技術館、JR苗穂工場)
    講師 鉄道友の会北海道支部長 松居国男





締め切り 1月25日 
締め切り後も空きがあれば、お申し込みいただけます。

 お申し込みはこちらから