2018年9月18日火曜日

食べる楽しみ!支える口腔ケア

~ 見直そう 明日のためにその食事 ~

講座内容

 健康の維持や病気の予防・回復には、正しい食生活が基本です。それを可能にするためには、食物摂取の入り口である、口の機能が健全でなければなりません。最近、口腔機能の低下がからだ全体の健康を損ね、特に高齢者にその傾向が多いことがわかってきました。
 この講座では、健康寿命を保つために、歯や舌、喉などの口腔機能の低下防止と、栄養バランスのとれた正しい食生活の知識を学びます。

日 時:平成30年11月2日~11月30日 ※11月23日を除く 
    毎週金曜日  14時00分~16時00分

場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2F中研修室1
受講料:3,600円[全4回] 定員:30名    申し込み締切 9月25日

※締め切り後も空きがあればお申し込みいただけます。

     日 程     タ イ ト ル                講   師
第1講 11月2 日 見逃していませんか?お口の衰え  北海道医療大学歯学部歯学科
                          咬合再建補綴学教授 越野  寿

第2講 11月9 日  食育と7大栄養素の役割と機能       食育&クッキング     
                                 コンシェルジュ
第3講 11月16 日  生活習慣病予防と免疫力を高める食事       堤  秀子
      
第4講 11月30 日 
これからの楽しい食生活ために
 
         お申し込みはこちら


2018年8月18日土曜日

今も生き続ける北海道の民話

~ゆかりの地からのメッセージ~

講座内容

 北海道で語り伝えられてきた民話には、当時の人々のさまざまな思いが込められています。面白い話、悲しい話、ためになる話など、当時の暮らしの息吹を感じてみませんか。
 この講座では、いくつかの民話を語りで紹介し、その物語の背景となった歴史や当時の民族習慣について学びます。
 民話に触れることで、現代を生き抜く知恵を見つけられるかもしれません。


◆開講日:10月4日~10月25日 
     毎週木曜日 
◆時間:14:00~16:00
◆場所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2階 中研修室1
◆受講料:3,600円
◆定 員:30名 
<講師> 元北星学園大学文学部教授
       阿部 敏夫






開講中

2018年7月27日金曜日

なまらいいっしょ!北海道弁


 <講座内容>
 平昌五輪の女子カーリングで銅メダルを獲得した
LS北見の選手たちが試合中に話していた「そだねー」が北海道の方言として全国で話題になりました。しかし、彼女たちは、それを方言だとは思っていなかったそうです。
 北海道弁は、開拓時代に道外の様々な地域から移住してきた人々の文化や言葉が、道内各地で融合してできた独特の方言です。
 この講座では、北海道弁のルーツや使い方を学び、その魅力に迫ります。




開講中



2018年7月6日金曜日

人口減少!札幌の未来の姿は


        日 時:平成30年7月6日~7月27日 (毎週金曜日)
           14:00~16:00
      場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2階 中研修室2
      受講料:3,600円     定員:30名
      
申し込み締切 5月25日






終講しました


日本各地の文化が息づく北の大地









        

開講中


2018年5月11日金曜日

維新人物伝 西郷隆盛

~ラストさむらいの謎と真実~




上野公園に立つ西郷隆盛像、除幕式で夫人は似ていないといったそうです。写真や肖像もほとんど残されていないという謎多きこの大河ドラマ主人公についてその実像に迫ります。西郷隆盛とは果たしてどんな人物だったのか、何を目指し、何をしたかったのか。この講座では4つの観点から南洲会の講師と読み解きます。誕生から最期までをたどってみましょう。

場所 札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2階中研修室2
講師 北海道南洲会  幹事長 工藤勉   
         北海道南洲会  代表  山川寛之


講座 月日


①7月     4日(水)  18:45 ~20:45 
② 7月11日(水)      18:45 ~20:45 
③7月 18日   (水)     18:45 ~20:45 

④7月 25日   (水)  18:45 ~20:45 

終講しました



2018年5月9日水曜日

札幌の発展と豊平川






                

     
終講しました