2015年11月21日土曜日

函館ゆかりの作家を語る





  1868年、日本は明治維新の成立により、近代国家への道を歩みました。
 しかし、函館(当時は箱館)はすでに九カ国の領事が在函していました。そうした特
殊な環境は開明的都市として、独自の文化を育んでいきました。
 札幌など道内の他の都市と異なる独自の歴史を持った街・函館にスポットをあて、
そこから花開いた石川啄木などゆかりの作家、文学について語ります。






   日 時:平成28年 1月15日~2月5日
          毎週金曜日     14:00~16:00
          【全4回講座】  

  場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ)
         2階 中研修室1
  
  受講料:3,600円      定 員:30名

  講師:北海道文教大学 非常勤講師 北村巌
 
   第1講  1月  15日(金)
       漂泊の詩人・石川啄木、その思想と文学
 
   第2講  1月 22日(金)
        心はいつも反骨・長谷川海太郎の破天荒な生涯

   第3講  1月  29日(金)
        変幻自在の知的魔術師、逸材・久生十蘭

   第4講 2月    5日(金)
       函館ロマンチシズムが育んだ、さまざまな群像
  


           終了しました













2015年11月14日土曜日

北からの黒船

 

 

 江戸時代後期、北方の海にはロシア船が来航、

              激動の日露関係と蝦夷地史を学びます。


  講 師:川上 淳  (札幌大学 地域共創学群 教授)

 
  ・日 時  平成28年3月/2、9、16、23日
        毎週水曜日         18:45~20:45
  ・会 場  札幌市生涯学習センター(ちえりあ)2階中研修室 
  ・受講料  3,600円(全4回)   ・定 員  30名


 

  第 1 回 3/ 2(水) 江戸時代の蝦夷地とロシア
    ~ロシアの進出と「カムチャッカ(赤蝦夷)風説考」~

 

  第 2 回 3/ 9(水) 日露の最初の出会い 
    ~ラクスマンのネモロ(根室)来航と漂流民~

 

  第 3 回 3/16(水) レザノフの長崎交渉とその波紋 
    ~カラフト・エトロフ襲撃事件とゴロウニン事件~
  


  第 4 回 3/23(水) 蝦夷地調査と開国、札幌本府論 
    ~幕府の蝦夷地調査とプチャーチン来航~
 


     
      終了しました。有難うございました。