2017年9月1日金曜日

開拓の礎となった大友堀と札幌黄

大友亀太郎と札幌村開拓


講座内容

二宮尊徳に学んだ大友亀太郎は、1866年(慶応2年)に蝦夷地開墾掛として
石狩地方の開墾に当たりました。創成川の基となる大友堀を開削し、旧札幌村に
御手作場(奉行所直営農場)を開きました。そこで、日本初の玉ねぎ「札幌黄」
の栽培につなげ、今の札幌の街並みと農業の基礎を築き、北海道開拓使に引き継
がれました。その軌跡をたどり、今の札幌と北海道農業の発展につながった大友
               堀と札幌黄について学びます。